耐震性(家を建てる注意点1)

建築基準法では、数百年に一度発生する地震(東京では震度6強から震度7程度)の地震力に対して倒壊、崩壊せず、数十年に一度発生する地震(東京では震度5強程度)の地震力に対して損傷しない程度。 とあります。

在来工法での耐震性のかなめは、以下の3点です。


耐力壁(筋かい)の量・耐力壁(筋かい)のバランス・柱の接合金物

耐力壁(筋かい)の量

柱を太くすれば、あるいは柱を多くすればするほど、建物は頑丈になる……は間違いです。

重要なのは、耐力壁(筋かい)です。耐力壁(筋かい)が地震などの揺れに対抗しています。

地震や台風に対抗できるのは、筋交いなどの耐力壁が設けられているからです。
代表的耐力壁とその倍率(強さ)

耐力壁(筋かい)のバランス

耐力壁はどこにでも入れれば建物は丈夫。……は間違いです。

耐力壁(筋かい)は、間取りを考え、バランスよく配置しないといけません。

ある面だけ開口部が大きいなど、偏った壁(耐力壁)の配置をすると、地震時に大きく変形する危険性があります。そのため、建物の4方向のそれぞれの耐力壁のバランスをチェックする法律が施行されました。

柱の接合金物

阪神大震災でも土台や柱との接合力の不足が指摘されました。

耐力壁(筋かい)の配置や強さに応じた金物の使用が必要です。

上からホールダウン金物、スリムプレートなど。左図の赤○部分には、耐力壁の強さに応じた金物の必要な場所

その他の建築のこだわりを見る


家を建てる流れ(手順)をご紹介

  1. 地盤調査
  2. 基礎工事
  3. 木工事
  4. 屋根
  5. 防水工事
  6. 断熱工事
  7. 外壁





家を建てる 注意1 ページ上に戻る