基礎工事(家を建てる手順2)

頑強な鉄筋コンクリート造ベタ基礎を標準仕様しています。

建物の重量をしっかりと支え、地震などの際に、耐力壁からの力をバランスよく地面に逃がす構造となっています。

基礎の作業手順

  1. 地盤の支持力を高める為、割栗石等を敷き込みランマー等で充分に突き固めます。

  2. 湿気対策として防湿シートを敷き込みます。

  3. しっかりと鉄筋を配します。この時点で、配筋検査をします。

  4. 基礎パッキング工法のご紹介

  • 基礎の立上りは、400mm以上。
  • 基礎の幅は、150mm以上。

※頑丈な基礎を造ります



その他の建築のこだわり

家を建てる 手順その2 ページ上に戻る