バルコニー防水(家を建てる手順5)

防水工事

  1. バルコニーに1/50以上の勾配を設け、排水溝を確保し、下地をつくります。

  2. 壁面の立上りは、サッシ部分で120mm以上、それ以外で250mm以上とり、水が巻き込まないように、板金処理をします。(当社独自工法)

  3. FRP防水は、ガラスマット補強材を2層以上にして、しっかりと確実に防水層をつくります。

    FRPとは「Fiber:繊維」「Reinforced:強化された」「Plastics:プラスチック」の略で、繊維と樹脂でプラスチックを補強したものです。

    防水用ガラスマット
    防水用ポリエステル
    FRP防水層によるサッシまわり、防水端末処理法断面図
  4. 手すり立上りまで防水処理します。

  5. 人工芝を敷き詰めて完成です。



その他の建築のこだわり

家を建てる 手順その5 ページ上に戻る